鉄筋/広島 株式会社イチカ

広島市の株式会社イチカは鉄筋工事一式(鉄筋加工・組立・圧接工事)の会社です。安全と品質を守り、お客様の信用・信頼を第一に考えます。

広島の鉄筋・加工の株式会社イチカでは平成27年1月より、一般社団法人 特殊高所技術協会様の指導のもと、特殊高所技術事業を開始いたしました。
この特殊高所技術とはロープを使用した高所でのコンクリート・タイル等の調査・簡易施工・橋梁・建築物等大規模構造物の調査を主に承っております。

定期報告制度の改正により、特殊建築物定期調査の定期報告に、外壁全面打診 が必要になりました。

これまでの制度では、外装タイル等の定期的外壁診断義務がありましたが、定期的外壁診断を怠った場合の罰則はありませんでした。新しい制度では、定期的外壁診断に加えて、竣工または外壁改修等から10年を経た建物の最初の調査は外壁全面打診調査となり、定期報告を怠ったたり、虚偽の報告を行った場合は、百万円以下の罰金となります。



① 特殊建築物定期調査の部分打診、目視等により異常が認められたもの
② 竣工後10年を超えるもの
③ 外壁改修後10年を超えるもの
④ 落下により歩行者に危害を加えるおそれある部分の全面打診等を実施した後10年を超えるもの



◆改正前
手の届く範囲を打診してその他を目視で調査し、異常があれば「精密調査を要する」として建築物の所有者などに注意喚起を行う。

◆改正後
手の届く範囲を打診してその他を目視で調査し、異常があれば全面打診などによって調査する。加えて竣工、外壁改修などから10年を経てから最初の調査の際に全面打診などにより調査を行う。

  d0072805_2122164    image1_13353062475

  d0072805_2122164    image1_13353062475

  d0072805_2122164    image1_13353062475

  d0072805_2122164    image1_13353062475